『今日は何の日?』1月12日

『今日は何の日?』1月12日
 

1月12日は何の日でしょうか?

早速調べてみたのでいくつか紹介します。

 

 

桜島の日

 

1914年(大正3年)に鹿児島県にある火山島「桜島」が大噴火を起こしたことに由来して定められました。

 

そのため、鹿児島市では災害の記念日として毎年、噴火を想定した防災訓練などが行われています。

 

ちなみに、この時の噴火(大正大噴火)は1ヶ月ほど続き総量約32億トンもの降下物があったそうです。

 

 

スキーの日

 

1994年(平成6年)にスポーツ用品メーカーであるミズノの直営店エスポートミズノが定めました。

 

これは、1911年(明治44年)のこの日、オーストリアの軍人テオドール・レルヒ少佐が、新潟県にある陸軍歩兵連隊の青年将校に日本で初めてスキー指導したことを記念したものです。

 

 

青年の日

 

インドの宗教家であるヴィヴェーカーナンダの誕生日を祝して、インド政府が1984年に記念日を制定し、翌年に実施されています。

 

 

終わりに

今回はインドやオーストリアの軍人など日本以外にも関わるものがありました。

海外のものはなかなか調べにくいですが、かけそうならまた書いていきたいです。

また、桜島の日ということで、桜島はよくニュースとかでも聞きますが、大噴火で32億トンという量の噴火物と言われても全然イメージできませんでした。

東京ドーム1600個分ということなので、調べてみると北海道の面積までは行かないまでも東北地方よりも広い面積となるみたいです。

 

 

以上、『今日は何の日?』1月12日でした。